【本当に便利?】スマートロックで家の鍵いらず!(もちろん鍵も使えます)

我が家の家の玄関には「スマートロック」を導入済み。
 
 
↓こんな感じのものです。

↑家の玄関の鍵はオートロック&スマホで解錠できます。

 

スマートロックは、

家の玄関などのサムターン(内側の捻って鍵を開ける金具の部分)に設置して、

鍵をオートロックにしたり、スマホを使って、外から鍵を開ける事ができる便利なもの。

 

 

 
コギト編集長
家の鍵がホテル仕様みたいになって、意外にもラグジュアリー感ある。
 
これによって、持ち物はいつも持っているスマホだけで外出ができ、
○鍵を持ったり、
○鍵を出したりしまったり、
○なくしたり(笑)また作ったり
などという手間を一掃する、超便利アイテム。
 
特に、鍵を閉める時はオートロック機能があり、閉め忘れがなく、
また、Wi-Fiに繋いでいれば、外出先から鍵の開閉状態や履歴をチェックする事も可能。
友人や家族などもアプリを入れておけば、わざわざ会って合鍵を渡さなくても、遠隔でこちらから開けたり、一時的に解錠の権利を与える事もできます。
 
 
コギト編集長
民泊とかの貸し家の管理にも便利そうです。
 
自分ももう1年以上は使っているので、使い勝手などをシェアします。
 

スマートロックはどんな事ができる?

 
↑私が使っているのはSesame Mini。こんな感じで取り付けています。色もドアに合わせていろいろ選べます。
 
私が使っているのは、Sesame Miniという商品で、
Makuakeというクラウドファンディングサイトで見つけて、購入しました。
今だと大体10,000円弱くらいで購入できます。
 
↑上から見た図。本来のサムターンをつまむような構造です。
 
もちろん自分でスマートロックの方のつまみを回して中から開閉も手動でできますし、
外側には何もついていないので、鍵を使って外から開閉するような、
いつも通りの開閉方法も問題なくできます
 

スマートロック(Sesame Mini)単体でできること

 

とりあえずこれ単体でできるようになる事としては、
 
  • Bluetooth機能を使って玄関の外からスマホで鍵を開けられる
  • 時間を設定して、オートロック機能が使える
  • 他の人のスマホにも鍵の開閉の権限を与えて、鍵をシェアできる状態にできる

事です。

 

これで、鍵を持って出かける生活とはおさらばできます。

 
コギト編集長
鍵はここ1年くらい一度も使っていません。

 

Wi-Fiに繋ぐには別の専用のアクセスポイントが必要になります(後述)ので、

Sesame単体の場合はBluetoothを使って鍵を開けることになります

よってこの場合玄関のドアの近くまで近付かないと鍵の開閉はできません(もちろん外出先から開ける事もこの状態ではできません)。

 

時間を設定して、オートロックも使えるようになります。

設定できる時間は

5秒、7秒、10秒、15秒、20秒、30秒、45秒、1分、2分、3分、4分です。

これが設定できる利点としては、

 

○鍵の閉め忘れがない(自動で閉まるから)

○出かける時の鍵閉めの手間がなくなる

 

 
コギト編集長
この辺、かなり楽。
 
もちろん、オートロックなので、ホテルの鍵と同じように
閉め出されることには注意が必要。
万が一の時のために、どこかに物理鍵を隠しておくか、
スマホを必ず持って出るようにしましょう。
 
ちなみには私は3分で設定。
玄関で出かける支度をしている時や、その辺までゴミ出しをする時など、時間内に戻ってくればいいので便利です。
 

Wi-Fiアクセスポイントを使ってできること →手ぶらでの解錠が可能!

↑上の青いランプがついている四角い機器がSesame用のアクセスポイント。
 
私は備え付けの下駄箱内にコンセントを設置していて、
下駄箱の中で電動機付き自転車の充電などができるようにしています(そういうのが外に見えるのがイヤ)。
 
そこにWi-Fiのアクセスポイントを設置しています。
ちょっと不親切だったことは、Wi-Fiのアクセスポイントの差込口はUSBだったこと(USBーA)。
これによって、別にアクセスポイントをコンセントに差し込む用のUSBプラグが必要です(付属していません)
 
このアクセスポイントを使って、SesameをWi-Fiに繋ぐ事ができますが、そうすると、
  • 外出先からでも鍵の解錠、施錠ができる
  • 外出先から鍵の開閉の状態や履歴がわかる
  • GPS機能で家に近づいたら自動的に鍵が開くような設定にできる

このような事ができます。

 

玄関の近くから、だけでなく、どこからでも鍵の開閉ができますので、

留守中に友人が来てしまっても鍵を開けたりでき、

宅配便の大きな荷物を留守中に玄関の中に入れてもらえたり、

いろいろな使い方ができます。

 

また、外出先からの鍵の開閉の状態や履歴がわかりますので、

オートロックにしていず、うっかり鍵を開けたまま外出してしまったとしても、

外出先から、鍵が空いているか、閉まっているかを確認でき、

施錠をする事もできます

 

 

↑sesameのアプリ。Wi-Fiに接続されると、

 

↑遠い外出先からでも、鍵の状態がわかり、

 

↑鍵を遠隔で開閉する事ができます。

 

 
コギト編集長
外出したものの、鍵を閉めたか心配になってしまう人にもオススメ。
 
また、設定すると、GPS機能を使って、半径10M以内に近づくと、鍵を解錠してくれる「手ぶら解錠機能」というものもあります。
これは便利!と思って使ってみましたが、
 
○意外と精度が悪くなかなか思い通りに解錠されない
○GPS機能をずっとオンにしておくとスマホの電池の減りが早い
 
というデメリットがあり、活用していません。
 
同じく、スマホをコンコンとノックするだけで鍵の解錠ができる機能もあるのですが、
こちらもGPSをオンにしないといけないので、使っていません。
 

一番時短で解錠する方法 → iPhoneのショートカットアプリで音声解錠

私は、iPhoneを使用していますが、
「siriショートカット」を使って、
Siriに
 
コギト編集長
ドアオープン。
と話せば、鍵が開く設定にしています。
 
 
 
 
しかも最近 AirPods Pro を購入したコギトは
Air Pods Proもsiriを認識してくれるため、
スマホがポッケの中でも、カバンの中でも、
イヤホンをしていれば、siriに話しかけて、ドアを開けてくれるので、ますます便利。
 

 
 
 

まとめ スマートロックSesame Miniのメリットデメリット その他つけたし

 

まとめていうと、スマートロック(Wi-Fiアクセスを含めた)のメリットは以下のようになります。
  • 鍵が基本的にいらなくなる
  • 外出の際の施錠の心配と手間がなくなる(オートロック機能)
  • 鍵の共有が簡単
  • 外出時に鍵の状態のチェックや、開閉ができる
  • ホテルライクな優越感(笑)
  • 設定すれば手ぶらでの解錠も可能

 

そしてデメリットは以下です。

  • Wi-Fiの接続にはタイムラグがある(長いと10秒くらい)ので、解錠の際は鍵を使うより遅くなる時もある
  • オートロックで閉め出される可能性がある
  • GPS自動解錠はコスパ悪し

Wi-Fiに接続すると、確かに便利なことはたくさんあるのですが、

Bluetoothだけで繋いでいた時に比べて、タイムラグ(アプリを起動してから開閉操作ができるようになるまで)が結構長いところが難点です。

帰宅時はすぐに家に入りたいのに、うまくいかないと、ドアの前で30秒くらいタイムロスが生じる事があります。

 

紹介したようにショートカットのアプリを使って、siriに指令を出すのが、今のところ一番便利な解錠の方法ですが、

たまに上手く指示が送信されず、エラーが出る事もあります。

 

まとめたいと思います。

 

スマートロックは以下のような方にオススメです。

  • 余計な荷物を極力持ちたくない方
  • 鍵をよく紛失する方
  • 外出先で鍵を閉めて出てきたかどうか心配になる方
  • 家族全員で鍵の共有をしたい方
  • 貸し家などで、鍵の共有を対面でなく行いたい方
 
コギト編集長
スマホさえ持っていれば鍵の開閉ができて、人にも共有できるところが最大の利点かと!
 

防犯性能は?

↑絶対大丈夫じゃん。
 

バッテリーは?持ちが悪い?

↑全ー然、大丈夫。
 
↑実際、1年以上使ってますけど全然大丈夫。ていうかまだ100%って逆に疑う…。
 

国内製QrioLock(キュリオロック)は高いけど反応は早いのかも

 

 
コギト編集長
私の家のサムターンは結構特殊なので、このキュリオロックは更に便利そう。高いけど。
私の家のサムターンは、海外製の「ASSA」というメーカーのもので、
解錠にはサムターンを180度くらい回さなければいけない特殊なタイプ。
 
キュリオロックの購入を最初検討していたのですが、
「90度を大きく超える回転には対応していない」とのことで、諦めました。
(Sesamiもキュリオロックも専用サイトで詳しく調べてくれるので相談してみると良いです)
 
そういう意味では、Sesamiの方が汎用性は高いという事が言えます。
 
ただ、
  • キュリオロックは解錠までの時間が1秒以内(他社は環境による)と自社サイトで説明
  • 専用のキュリオキーの存在でますます便利そう

というSesamiにはない利点もあります。

 

↑キュリオキー。

 

子供やおじいちゃんおばあちゃんに持たせると良さそうですし、

 

普段使いのバッグにはこれをくくりつけて解錠できるようにし、そのバッグを使わない時はスマホで解錠。

とかやると便利かもしれません。

 

ただし、キュリオロックは本体だけでも20,000円程度。

Wi-Fiアクセスポイントも8,000円程度と割高。

(Sesamiは、本体のみで10,000円〜15,000円、アクセスポイントは5,000円程度)

 
コギト編集長
圧倒的にSesamiは安いです!
 

毎日の鍵の開け閉めを少しでも早くしたいなら、キュリオロックを検討しても良いかもですが、

コスパはSesamiの方が良さそうですね。

 
それに細かい機能面で見るとやはり、Sesamiは優秀みたいです。
 
コギト編集長
アップルウォッチから解錠できるのも、 Google Homeやアレクサに対応しているのも、今のところSesamiだけみたい。
 
鍵を持って家を出る、
鍵をかける、
鍵をしまう、
鍵を取り出す、
鍵で開ける、
鍵をしまう。
 
家を出てから帰るまでに、鍵関係でこれだけやる事がありますが、
これら全ての動作で、大体15秒とか20秒くらいかけているでしょうか。
 
この時間が例えば10秒短縮されたとすれば、
毎日出かけるとして、月間にして5分、年間1時間の時短になります。
 
コギト編集長
たったそれだけ、と思うかも知れませんが。
私は少しでも毎日行うことの時間を減らして、自由な時間を捻出していきたいと思っています!
 
 
気になった方はチェックしてみてくださいね!
 
 
 
時短ブログの更新をお知らせ!!フォローしてみよう!