【1株から始める】SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の弱点・デメリット 4つ

この記事では

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の弱点とデメリット

について解説します。

株初心者
1株から買えて、手数料もほとんどタダだなんて、いいところばっかりのようだけど。
 
 
コギト編集長
初心者向けにポップさとわかりやすさを重視している分、捨ててるところもあるのかな、とまとめてて思いました!
半年使い倒してみてのレビューです!
 
SBIネオモバイル証券で株を始めてみたいけれど、
○いいところだけで飛びつくのではなくて、
○デメリットとか批判的な意見もしっかり確認してから契約したい
という慎重派の方におススメの記事です!
 

まずはメリット、いいところの確認から

 

 
コギト編集長
ネオモバのいいところのおさらいをしておくと、
 
  1. 1株から日本株が買える
  2. 少額から始められて、分散も少額でできる
  3. 月50万円の取引までは、手数料が月額220円
  4. Tポイントが毎月200ポイントもらえるので、実質手数料は月額20円
  5. アプリがわかりやすくて初心者向き

 

このように、

 
コギト編集長
初心者の方が少額から、勉強しながら始めていくにはピッタリの証券会社です。
株初心者
個別で株を買うのは投資信託より判断が必要だから、リスクは少なく少額から始められるといいよね。
 
SBIネオモバイル証券のメリットや分散投資については以下の記事も参考にしてください!
関連記事

株初心者 投資信託始めてみたんだけど、いいよね。勝手にやってくれるからすごく楽。   コギト編集長 そうだねー。でもなんか勝手にやってくれすぎて、投資やってる実感がないというか…。 この記事は、[…]

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

 
 

SBIネオモバイル証券の弱点・デメリット

 

 
コギト編集長
半年使ってみて、こんなところが弱点かな、と。
 
  1. 個別日本株しか買えない(投資信託× 海外株× 国内ETF○ Jリート○)
  2. アプリはわかりやすい分情報は少ない(初心者が飛びつきそうな情報がメイン)
  3. 購入・売却のタイミング(約定のタイミング)が遅れるのでイラつく
  4. 投資額が大きくなった場合は使い勝手が悪い

 

①個別日本株しか買えない

ネオモバは基本的に「日本の個別株」がメインの取引となります。

株初心者
他のネット証券は海外の株とか投資信託もできるもんね。
 
日本の個別株以外は、日本のETFとJリートくらいしか取引ができません。
 
コギト編集長
投資信託もアメリカ株も、iDeCoもNISAもFXもできませーん。
 
株式に投資したい人で、
NISAも使わず、アメリカにも一つも投資せず、
などはほぼありえないでしょうから、
SBIネオモバイル証券は投資全体としてのメインの証券会社にはなりえません
 
 
コギト編集長
私はメインは楽天証券とSBI証券。そこで、アメリカも買ってるし、NISA、iDeCoもやってます。
 
 

②アプリはわかりやすい分情報は少ない(初心者が飛びつきそうな情報がメイン)

 
コギト編集長
日本の個別株だけの証券口座な分、目的を絞ってアプリはシンプルには作られてる。
のがネオモバのいいところでもあります。
 
例えば、
投資家おじさん
キャノンの株欲しいー。
となった場合、楽天証券のモバイルアプリでキャノンを確認してみると、
 
出典:楽天証券 iSPEED for MOBILE TRADING
初心者
んー、正直どこ見ていいのかわからん。株やめたいかも(笑)。
数字、漢字、表まみれで、いじめを疑う情報量ですね。
 
 
コギト編集長
ただ、最終的にこのくらいが投資家が欲している情報、と言えるのでしょう。
 
一方、ネオモバの同じキャノンの株の情報はこんな感じ。
出典:ネオモバ アプリ
が株初心者
うん、これならなんとかついていけそう。
 
コギト編集長
とてもシンプルですね。
 
 
このような情報量の差はアプリのトップページにもあらわれています。
 
楽天証券アプリのトップページ。
  
 
コギト編集長
こんな感じで、日経平均や、為替の値動き、経済に影響しそうなニュースがパッと見でわかるようになってて、表示はカスタマイズ可能。
 
 
一方のネオモバのトップページ
 
株初心者
安くて買い安い株と、優待が今月受けられる株がトップページ…。楽しい!
 
コギト編集長
んーわかりやすいけど、ただ安い株、とか、優待がどうとか、こういう情報だけで買っちゃダメなんだけど…。
 
ネオモバのアプリサイトは、
 
初心者向けに超シンプルでわかりやすい反面、
○初心者が飛びつきそうな情報が載っていて、
○本当に大事な情報は載っていない
というデメリットがあります。
 
では本当に大事な情報は何か、というと、
 
投資家おじさん2
○○の株が下がってるけど、これは○○の株だけさがってるのかな?日経平均はどうかな?
といって、国全体の指標(日経平均やTOPIX)を調べたり
投資家おじさん2
お、今日は気になってる△△の会社が新商品の発表か。話題みたいだし株価が絶対上がりそうだから購入検討。でも最近のこの会社の財務状況は…。
企業のニュースを得たり
 
という、株式の相場の状況や企業の業績などが大事な情報といえます。
 
 
コギト編集長
本当はこんな情報をしっかり調べてから株を買いたいですよね。ネオモバの情報は薄いから、自分は結局他のページで調べてからネオモバで買ってます。
 
企業の株の購入検討については以下のような記事もやっているので、参考にしてみてください↓
 

③購入・売却のタイミング(約定のタイミング)が遅れるのでイラつく

 
コギト編集長
ネオモバの場合、半日~1日くらい遅れて売買成立(約定)します。
株初心者
約定(やくじょう)?って何。
 
コギト編集長
注文したからといって株はすぐに買えないんだよ。売り手と買い手が決まって値段が決まって、売買成立(約定)する。
 
例えば株を買いたい場合の取引の流れは、
 
買い注文を出す(自分で操作) 
→売ってくれる人を探す(自動) 
→値段が決まって売買契約成立(約定)(自動) 
→受け渡し(自動)
 
という流れなので、
注文を出した時間と、約定の時間にはズレがあります。
 
ネオモバの単元未満株(=だいたい100株の単元株より少ない株数)の取引の場合、約定のタイミングが次のように決められているので、結構デメリットです。
 
 
株初心者
ん?この資料からすると、夜の10時くらいに注文出したら、決まるの早くて次の日の後場の始めの時間(12:30)ってこと?
 
コギト編集長
そうなんです。大分遅れますよね。その間に結構株価も変わるから、やきもきしちゃいます。
 
このように、
株価を見て、「今だ!」と買おうとしても、
約定するまでのタイムラグがかなりあるため、
買いたいときの株価で買いづらいです。
 
株価が全然読めないような時は、簡単に注文を出さないほうが良いですね。
 
ちなみに、単元株(だいたい100株単位)で取引する場合はネオモバでもすぐに約定します(取引時間中の場合)。
 
コギト編集長
でも単元未満株買うためにそもそもネオモバやってるし、単元株買ったら手数料も高くなるので、
単元株買うんだったら、他の証券会社で取引したほうが良いってことになりますよねぇ。
 

④投資額が大きくなった場合は使い勝手が悪い

投資家おじさん
よし、投資にも慣れてきたし、資金もあるから本格的に株の取引を頑張るか。
という方にはネオモバは向きません。
 
ネオモバは見てきたとおりですが、

 

  • 約定のタイミングが遅い
  • アプリの情報が薄い
  • 月に50万円までの取引の場合手数料は月額220円だけど、それを超えると1,100円→3,300円とアップする

という点で、

投資の規模が大きくなってきた場合には、使いづらい証券会社になります。

 

単元未満株の約定タイミングの遅さは先ほど説明した通りですし、
じゃあ単元株を買おうとするなら、ネオモバの魅力はそんなにありません。
 
あくまでも、
月額220円という手数料の安さと、
1株から買えるというところに
最大のメリットがあるのです。
 
コギト編集長
言ってしまえば、そこを外すとメリットはないかも。
 
アプリにしてもサイト内の株に対する情報が薄いので、
たくさんの資金を投入したいときは特に、
ネオモバサイトに載っている情報だけで購入は決められません。
株式の相場の状況や企業の業績などもっと情報を仕入れる必要があります。
 
 
コギト編集長
投資金額が大きくなってきた時の手数料についてちょっと詳しく見てみましょう
ネオモバの手数料については、詳しくは以下のようになっていて50万円以上の大口の取引をする場合はおススメできません。
 
株初心者
月の取引が50万円を超えると、月額料金が1,100円になるんだ。5倍。

月の取引が50万円を超えた場合の手数料

 
①単元未満株を買って月50万円を超えた場合
 
A株4,000円の株を60株、別のB株7,000円の株を50株同じ月に買うとすると、
A株の代金=240,000円
B株の代金=350,000円
590,000円の取引となり、月額は1,100円になります。
手数料が高くなってしまいますね。
株初心者
じゃあ、それぞれ別の月に買えば、月額は220円のままだ!これが正解!
 
コギト編集長
それも一つの手だけど、今の株価で買いたい場合もあるよね。
 
例えば、来月に購入を持ち越そして手数料を安くしようとしていたところ、
B株が値上がりして7,500円になったら、
 
来月のB株の代金=7,500×50=375,000円
で、確かに手数料は1,100円にならず、220円で安いままですが、
株取引価格が25,000円上がってしまいます。
 
コギト編集長
これだと、安く買いたかった株が高くなって、トータル損。
 
 
②単元株買うんだったら他の証券会社がおススメ

 

株初心者
じゃあ大きく投資するなら他の証券会社で単元株買った方がいいのかな?
他の証券会社の手数料はどうなの?

ネット証券最大手の楽天証券とSBI証券の株取引手数料(単元株)はどちらも大体同じで、こんな感じです。

引用:楽天証券

 
ネオモバでも、もちろん単元株を買うこともできますが、手数料を楽天証券と比較すると、
 
○A株を単元株(100株)ネオモバで買った場合
 4,000×100株=400,000円 
 で手数料は220円
○A株を単元株(100株)楽天証券で買った場合
 手数料は261円
 
 
コギト編集長
50万円以下で単元株を買うなら、ネオモバが41円安い。
 
 
○B株を単元株(100株)ネオモバで買った場合
7,000×100株=700,000円
で手数料は1,100円
○B株を単元株(100株)楽天証券で買った場合
手数料は468円
 
 
コギト編集長
この場合、楽天証券のほうが全然安くなる(632円の差)。
 
 
しかも、今大きく投資したい場合、という話でしたから、
投資家おじさん
A株もB株もどっちも今の株価で300株ずつ欲しい!
ときもあるでしょう。もちろん。
 
○A株とB株300株ずつを同じ月にネオモバで買った場合
A株 4,000×300株=1,200,000円
B株 7,000×300株=2,100,000円
計:3,300,000円
で手数料は3,300円
○A株とB株300株ずつを同じ月に楽天証券で買った場合
A株は559円
B株は886円
で手数料は1,445円
 
コギト編集長
楽天証券の圧勝!半額以下ですね。
 
 
結論:
月に50万円以下の取引だったらネオモバ
投資額を大きくするんだったら、ネオモバでちょこちょこ買ってないで、単元株を他の手数料安いところで買うべし
 
 
コギト編集長
手数料についてはこんな結論になりました。
 

まとめ 株初心者向け規模のサービスのネオモバ

 

復習すると、ネオモバの弱点・デメリットは以下です。

 

  1. 個別日本株しか買えない(投資信託× 海外株× 国内ETF○ Jリート○)
  2. わかりやすい分情報は少ない(初心者が飛びつきそうな情報メイン)
  3. 購入・売却のタイミング(約定のタイミング)が遅れるのでイラつく
  4. 投資に慣れたり額が大きくなった場合は使い勝手が悪い

 

 
エラン編集者
細かい事がわからなくて小さく始めてみたい最初はとってもやりやすいネオモバ。50万以下の取引なら、単元株でも未満株でも月額手数料は最安。
 
コギト編集長
それ以上の規模になってきたり、アメリカ株も買いたい、とかになってくると、ネオモバの情報量も足りないし手数料も割高だから、単元株を他で買ったほうがいい、ってことになるね。
 
デメリットを確認することで、
ネオモバの使いどころ
がしっかりわかりました。
 
 
コギト編集長
ネオモバだけでなく、他のメインの証券口座は必須ですね。上手に使い分けましょう!

 
 
ありがとうございました!
この記事を気に入っていただけた方はシェアをお願いします!
 
時短ブログの更新をお知らせ!!フォローしてみよう!