【笑顔で損はする?】笑い下手に悩む私が笑顔になりたいと思ったきっかけと笑顔のデメリットを考察(笑顔で生きる:導入編)

 
コギト編集長
笑顔キャラになりたい私ですが、笑顔のデメリットってどのくらい?
 
笑顔のメリットについてはいろいろなところで紹介されていますし、
想像に難しくもありません。
 
エラン編集者
だって笑顔が出るのって幸せな時とか嬉しい時に多いから。
 
もし笑顔のデメリットがないのなら、またメリットと比較して明らかに少ないなら、
 
コギト編集長
笑顔キャラになるしかない☆
ということになりますね。
 
この記事では、
笑顔キャラを目指すコギト編集長が、
笑顔キャラになりたいと思ったきっかけを紹介しつつ、
笑顔キャラになる決意を固めるため、
笑顔になることのデメリットと、デメリットになる条件や頻度について考えてみたいと思います。
 
 
コギト編集長
結果、笑顔にデメリットが生じるのは限定的な場合でした。
 
 

私が笑顔キャラを目指そうと思ったきっかけ

 

 
コギト編集長
きっかけはこーんな感じ。
  • 笑顔でいられる人がうらやましいと思ったこと
  • 人に与える印象を良くしたいと思ったこと
  • 笑顔でいる事でいろいろ得だと思ったこと

 

笑顔でいられる人がうらやましいと思ったこと

 

 
コギト編集長
うちの隣に超エレガントで笑顔が素敵な貴婦人が住んでいらっしゃいます。
 
私が住んでいる家のお隣には、笑顔が素敵な貴婦人が住んでいらっしゃいます。
その貴婦人、
元シャンソン歌手で、
都内でご活躍のあと、田舎に建てた今の別荘を住む家として移り住み、
日々の老後生活を満喫中。
とても日本にいるとは思えないような貴族のような気品を備えたお人です。
(ちなみに住んでいる場所はのどかな田舎です。世田谷とか調布とかではありません)
 
隣に移り住んできた私にも優しくしてくれ、
事あるごとに、
隣の貴婦人
シチュー作ったけど食べるー?(もちろん粉から作ったやつ)

と夕飯を分けてくれたり、

 
毎年年末に私が実家に帰るときには
隣の貴婦人
今年は実家お帰りになるの?気をつけて遊ばせ。
と言って、お土産の黒豆を持たせてくれたりします。
 
いろいろしてくれたり、物をいただいたりすることはさておき、
この貴婦人の振る舞いや笑顔がとっても素敵なんです。
 
コギト編集長
もー、大好き。
 
笑顔だけでなく、話し方や話す内容にも下品なところは一切なく、
とても生き方として見本にしたい人なんです。
 
まさに↓の本に出てくる、「マダム・シック」のような人です。
 
 
エラン編集者
そんな人のお隣に住むことができたなんて、幸せね。
 
 
コギト編集長
このお隣さんのような笑顔になりたいなーと、思ったんです。
 
朝に顔を合わせたときにも、さらりと微笑んで自然な挨拶をしてくれますし、
ご近所のちょっと扱いが難しいおばちゃんなんかとも良好な関係を築いています。
 
コギト編集長
傍から見ていて、なんだか毎日生き生きして幸せそう。
 
もちろんこの貴婦人にも悩みや辛い事、イライラしてしまうことがあるのでしょうが、
それでもあんな笑顔ができるってうらやましい、と思いました。
 
 

人に与える印象を良くしたいと思ったこと

 
 
コギト編集長
私、人に与える印象が良くないということに自信があります。
 
私が対人関係に関して問題と思っているところは、
  • 基本的に顔が怖い(直線で描ける顔と言われる)ので、ただでさえパッと見の印象が悪い
  • いつも笑顔をしているわけでもないので、さらに印象が悪い
  • あまのじゃくな性格なので、ポジティブなことを発言するのも苦手

というところ。

 
コギト編集長
なんだかダメダメですね。
 

 

一度、自分が仕事関係で大勢の人に向かって話しているところのビデオを見たことがありますが、

その時の表情の印象が、自分で見てもめちゃくちゃ悪かったんです。

 

ただでさえ強面(こわもて)の顔で気の聞いたポジティブな事も言えないのに、

難しい顔をして、眉間にシワを寄せながら(体も硬くして)話していました。

 

 
コギト編集長
うわ。なんでこんな怒ってる感じなの?
 
その姿はまさに、かの独裁者ヒトラーのよう。
アドルフヒトラーの演説の様子。ヒトラーさんも実は公の場以外ではゲラゲラ笑ったりするお人柄だったようです。

出典:「247wall st.」 HPより

 
エラン編集者
こりゃやめたほうがいいわね。
 

こんな調子で話している時、きっと私自身としては、

話す事に必死で、

一生懸命だった

のだと思いますが、

 

きっとそれを見ている人は、

聞いてる人

一生懸命なのはわかるけど、怖い。話の中身よりそっちが気になる。
と思ったことでしょう。絶対。
 
このように、
自分が話している時の映像を見たことをきっかけに、
自分の表情が与えている印象の悪さに気がついて、
表情を笑顔に変えていきたい、と思うようになりました。
 
 
 
コギト編集長
自分の表情とか印象が気になっている人は自分の行動が映っている映像を見ることをおススメします。
 
普段見る鏡や写真に映る時には自分も印象の良い顔をすることはできます。
表情を準備することができますから。
 
ただ、日常のふとしたときにどんな表情をしているか、
人と相対しているときにどんな表情をしているか、
それはなかなか確認できる機会はありませんよね。
 
人と話しているときや、日常の無意識な時の自分の表情を
一度映像で確認してみることは
自分の表情や人に与える印象を確認するためにおススメの方法です。
 
 
コギト編集長
見るの恥ずかしいと思いますけど、やってみてください!
 
 

笑顔でいる事でいろいろ得だと思ったこと

 

 
コギト編集長
損得で笑顔を作るって言うのも少し違うような気はしますが・・・。
 
笑顔でいると、
  • 人に与える印象がよくなって、対人関係が円滑になって、得
  • 笑顔を作ると自分も幸せな気持ちになるので、得(→別記事で解説)
  • 笑顔は健康にも良いので得(→別記事で解説)

などといろいろなメリットが考えられますね。

 

*笑顔を作る事で幸せな気持ちになるの?幸せだから笑顔になるから逆じゃない?と思った人や、笑顔って健康にいいの?と思った方は以下の記事をご覧ください↓↓

関連記事

  コギト編集長 笑顔キャラになりたいんです。   何を隠そう私、笑顔が苦手です。 単に苦手というのではなく、 これには幼少時に「顔面神経麻痺」になったこと(今はあまり目立ちませんが)で、 うまく表情が作れなく[…]

 
 
コギト編集長
そう考えると、笑顔を作れない自分ってかなり損してる。
ということに思い至りました。
 
 
コギト編集長
でも待てよ。笑顔ってデメリットもあったりしないのかな?
と考えるところがなんとも「あまのじゃく」な私らしいのですが・・・。
 
 

笑顔のデメリット

 
笑顔にデメリットなんてあるのか・・・?

 

 
コギト編集長
笑顔がデメリットになる場合について考えてみましょう!
 

自分の心身の健康への悪影響はある?

 

一般に笑顔には健康へのポジティブな効果が謳われています。

 

ストレスの低減や、幸福感の増進、免疫力アップや病気の予防など、

様々な健康への良い影響が示唆されています。

 

では、笑顔を作る事で健康に悪影響はあるのでしょうか

 
コギト編集長
可能性があるとすればこんなところでしょうか。
  1. 無理して笑う事で逆にストレスになる
  2. 笑いジワができてしまう

 

①無理して笑う事で逆にストレスになる 

 
コギト編集長
作り笑いでも上で上げたような良い効果がある一方、無理して笑うのは良くないらしいです。
 
無理して笑う=楽しい・嬉しいわけではないのに笑う=自分の感情を押し殺している
ということができると思います。
 
この「自分の感情を押し殺す」事によって
 
○精神に支障をきたす(「微笑みうつ病」、「スマイル仮面症候群」とか言われているらしいです)
○心血管系にも悪い
 
という可能性が考えられるそうです。
(参考:「ウィメンズヘルス」感情を押し殺すのがメンタルヘルスに悪い理由とは?
 
 
エラン編集者
微笑みうつ病って…。
 
コギト編集長
なんでもかんでも病名つければいいてわけではないと思うんだけどね。そういうのもあるらしい。
 

②笑いジワができてしまう 

 
エラン編集者
これはいやだ!
笑うことによって、顔に一時的にシワができるため、
笑顔をしていると、シワが増えるのでは?
と思われる人もいるのではないでしょうか?
 
 
コギト編集長
ただ、笑ってシワを寄せることでシワが増えるんじゃなくて、老化と水分不足でシワが増えるみたい。
 
さらに、笑わないことで、顔の筋肉が衰えて肌がたるみ、かえってシワができやすくなることもあるんだとか。
最近の研究では、
「よく笑うひとの方がシワがでにくい」という結果も出ているそうですよ。
 

対人関係での悪影響はあるか?

 

 
コギト編集長
自分が笑うことによって、人に悪影響があるとすれば、こんな感じ。
  1. ヘラヘラした笑いは相手に不快感を与える
  2. 相手になめられてしまう

 

①ヘラヘラした笑いは相手に不快感を与える

笑顔が相手に不快感を与えるとするならば、

思いつくのが、「へらへらした笑い」という表現です。

 

 
エラン編集者
そもそもヘラヘラした笑いってどんな表情なの?
 
コギト編集長
へらへらした笑いって、表情としての笑い方が問題じゃなくって、「場違いに笑う」ことが問題だと思うんです。
 
どんなに笑顔が良いものだとしても、
お葬式のときや、謝罪をしている時などに終始笑顔をしていると、
それは「へらへら笑いやがって」ということになると思います。
 
このような時にどんな素敵な表情の笑い方であったとしても不謹慎で不自然ですし、
逆に、みんなが幸せな場面では、どんなに崩れた笑顔でも違和感はないのではないでしょうか。
 
つまり、「へらへらした笑い」=場違いに笑うことなのです。
 
そのほか、ほとんど全ての場合において、
 
相手に不快感を与える笑い=笑うべきではない時に笑うこと
という理解になるのではないでしょうか。
 
 
コギト編集長
だから「不愉快な笑い」という表情はない。あるのは「今笑うのは不愉快」みたいなこと。
 

②相手になめられてしまう

ニューヨークにあるヴァーサー・カレッジの心理学者アミー・ハルバースタット博士の主張(エビデンスがあるのかは不明)によれば、

笑顔を見せれば見せるほど、それだけ「弱い人間」だと評価される

とのこと。

 

力強い側面をアピールしたい場合には笑顔が対人関係として逆効果になることもあるようです。

 

 独裁者として名高いアドロフ・ヒトラーは、親しい側近の前では大声で笑いこげる事がたびたびあった。彼は、感情豊かだったのである。しかし、一般大衆の前で演説するときや、写真を撮られるといには、そういう笑顔は見せなかった。パワープレイを演じていたのだ。笑顔を見せて弱い人間と見られる事を恐れたのだろう。

 ロシアのプーチン大統領もほとんど笑わない。プーチンはそれほど背の高くなく、むしろロシア人としては、貧相な体型といってもいいだろう。しかし彼は「笑いを見せない」というパワープレイを駆使して、実に上手く自分の欠点を補っている。

引用:「人の心を操る」ブログ ”笑顔を見せないことでパワーを感じさせる”

 

 
エラン編集者
われわれ庶民には「力を誇示する」みたいな場面って少なそうっていうかあったら怖いけど。
 
 

笑顔のデメリットは限定的

今見てきた、笑顔のデメリットを挙げると、

 

  • 無理して笑う事で逆にストレスになる
  • 笑いジワができてしまう
  • ヘラヘラした笑いは相手に不快感を与える
  • 相手になめられてしまう

でした。

 

 
コギト編集長
でもこれってだいたい限定的な場面での話かと。
 
無理しているな、と感じているときや、
その場が悲しみに包まれていたり、怒りを感じている時、
相手に力強さを見せたいとき、
などの場合に笑顔を出さなければいいだけです。
 
 
エラン編集者
その他の場合は笑顔してれば、デメリットはなくていいこといっぱい!
上のような場合をちゃんと避ける事ができれば、
笑顔にはそれをはるかに上回るようなメリットがたくさんあります。
 

 

まとめ 笑顔のデメリットは限定的 やっぱり笑顔キャラを目指そう

 

  • 笑顔によるデメリットがないのならば、迷いなく笑顔キャラになるべき
  • →笑顔によるデメリットは場違いに笑うことや、感情に蓋をして笑うなど、限定的な場合に起こりうる
  • →笑顔をださない方が良い限定的な場合を避ければ、笑顔にはメリットいっぱい
  • →自然に笑顔が出る笑顔キャラを目指そう
 
コギト編集長
こんな結論になるかと。
 
感情を押し殺して無理に笑って自分の健康を損ねたり、
場違いな場面で笑って対人関係を悪くしたり、
ということがないようにして、
 
コギト編集長
笑顔キャラを目指します☆
 
つくり笑いでも、幸福感につながるという研究の結果も出ていますが、
基本に立ちかえって言うなら、
 
幸せや喜びを感じて自然に出てくる笑顔」というのが理想的ということなんですね!
 
 
エラン編集者
自然に笑顔が出てくるって事は、幸せを感じたりできるポジティブな考え方も必要かもね。
笑顔に関する書籍の中には、
笑顔そのものだけではなくて、
「ポジティブシンキング」に関する言及も多いです。
 
「自然な笑顔」には「自然に笑顔になるような考え方やマインド」が必要
という事なのだと理解できますね。
 
 
コギト編集長
んー、これも素直じゃないあまのじゃくな私には課題・・・。道は遠い。
 
そしてなんといっても、
 
コギト編集長
そもそも幸せで楽しい毎日送ることが大事!
笑顔なんか出そうと思わなくても勝手に笑顔がでちゃってる毎日を目指したいですね!
 
↓私がそうなるための記事です。
関連記事

この記事では、 40歳になって自分の人生の ○時間のこと ○お金のこと ○やりたいこと を「価値観マップ」を使って見つめなおした私が、 実現したい10の事を紹介しています。   コギト編集長 とてもじゃないけど[…]

 
今日は以上です!
 
 
ありがとうございました!
 
この記事を気に入っていただけた方はシェアをお願いします!
 

 

ライフハックマガジンの更新をお知らせ!!フォローしてみよう!